3.スピリチュアル・ヒーリングの「治療メカニズム」と「治療領域理論」

スピリチュアル・ヒーリングの「治療メカニズム」

スピリチュアル・ヒーリングは、ヒーラーが患者に向けて「霊的エネルギー」を投射するところから始まります。ヒーラーから投射された霊的エネルギーは、患者の中間体の接点部から取り入れられ、「霊」をはじめとするすべての身体構成要素に流れ込み各部を活性化します。

一方、霊的エネルギーに満たされた「霊」からは、霊的エネルギーがステップダウンして正常な循環経路をつくり上げていくことになります。こうしたプロセスを経て、患者の「霊的エネルギー循環システム」が正常化され、最終的に肉体の“自然治癒力”がアップし病気が治ることになります。霊的エネルギーが「霊」からステップダウンしていく治癒のプロセスについて別の言い方をするならば――「まず初めに霊が癒され(正常化され)、続いて霊の心、霊体、本能、肉体が順次癒されていく」ということになります。次頁の図)

スピリチュアル・ヒーリングでは、ヒーラーを通じて、個人の努力では取り入れられない霊的エネルギーが患者の「霊」にもたらされます。それがうまくいくと「霊的エネルギー循環システム」が正常化され、身体全体が「霊主肉従」の状態になり、病気が治ることになります。

スピリチュアル・ヒーリングでは、実際に強烈な治療効果がもたらされます。自己努力では到底実現できない「霊的エネルギー循環システム」の正常化がなされるからです。時にはその効果が目に見える形で急激に現れると、奇跡が起こったかのように映ることになります。しかし、それはヒーラーによってもたらされた霊的エネルギーが、「神の摂理」にそって霊的エネルギー循環の異常を正したということにすぎません。

スピリチュアル・ヒーリングの「治療メカニズム」

「患者サイドの条件」によって左右される治療効果

「患者の霊的エネルギーの受容性が、ヒーリングの結果を決定的に左右する」――これはスピリチュアル・ヒーリングにおける最も重大な原則の1つです。

第3章でもすでに述べましたが、「霊的エネルギーの受容性」とは、霊的エネルギーに対する「魂の窓」の状態のことです。この「魂の窓」の開閉具合を大きく左右するのが、本人の「霊性(霊的成長レベル)」と「カルマ」です。

霊的エネルギーの受容性は、「霊的エネルギー循環システム」の大半の状況を決定してしまいますが、さらにそれ以外にも霊的エネルギーの流れを阻害する要因があります。精神的ストレスや感情の乱れ、霊的身体の質や肉体の質、体調や環境などです。

こうしたさまざまな要因によって、「霊的エネルギー循環システム」は影響を受けることになります。1人のヒーラーが同じエネルギーを与えても、患者によってその効果が全く違ってくるのはこのためです。

ヒーリングの結果は、やってみなければ分からない

患者サイドのさまざまな阻害要因によって、ヒーリングの結果は変わってきます。ヒーラーにとっては、自分のヒーリングが果してどの程度の効果をもたらすのかは、やってみなければ分かりません。スピリチュアル・ヒーリングでは何らかのプラスの効果がもたらされることは間違いないのですが、それがどの程度のものになるのか、どの領域にまで及ぶようになるのかは、実際に治療してみないと分からないのです。

4つの治療レベル

ヒーラーから発せられた霊的エネルギーは、中間体上の接点を通じて取り入れられ、患者の「霊」をはじめとする各身体構成要素に行きわたることになります。スピリチュアル・ヒーリングの特筆すべき点は、患者ひとりの自己努力では不可能な領域にまで霊的エネルギーが及ぶようになるということです。

その結果、ある患者では「霊・霊の心(霊的意識)・霊体・本能・肉体」のすべてが活性化されることになります。またある患者では「霊」レベルには届かないものの、「霊の心・霊体・本能・肉体」のレベルが活性化されることになります。また人によっては「霊体・本能・肉体」のレベルが活性化されたり、「本能・肉体」のレベルだけが活性化されるようなこともあります。

言うまでもなく最大の治療効果がもたらされるのは、霊的エネルギーが身体の5つの構成要素に行きわたるケースですが、すべての患者にそうした理想的な治療結果が現れるわけではありません。その大きな理由が患者サイドにあることは、先に述べた通りです。

ここでは、ヒーラーから投射された霊的エネルギーが患者の身体にどのような変化をもたらすのかを、4つのケースに分けて整理することにします。ヒーラーから投射された霊的エネルギーが患者の身体のどのレベルを活性化するのか、言い換えればスピリチュアル・ヒーリングによる「正常化領域(治療領域)」はどのようなものなのかという点から、ヒーリングの効果を分類・分析することにします。

〈①のケース〉

最も理想的なスピリチュアル・ヒーリングは、ヒーラーからの霊的エネルギーが患者の「霊・霊の心(霊的意識)・霊体・本能・肉体」のすべてを活性化し、身体全体に影響を及ぼすケースです。そのためには外部から霊的エネルギーを取り入れる「魂の窓」が開いていることが必要となります。こうした条件が満たされているとき「霊」が充電されてエネルギーレベルがアップし、そこから霊的エネルギーのステップダウンが行われるようになります。スピリチュアル・ヒーリングがきっかけとなって、「霊的エネルギー循環システム」が正常化されることになるのです。

カルマが原因となっていた長年にわたる病気が奇跡的に治癒するのは、このケースです。そして、その後も病気がぶり返すことはありません。スピリチュアル・ヒーリングによって身体全体が、見事にバランス状態・調和状態に置かれることになります。ただし、こうしたスピリチュアル・ヒーリングの成功によって長年の病気が癒されても、本人がその後、新たなカルマをつくり出したり、物質的に不摂生な生活をするならば、別の病気を発生させることになるかもしれません。)

スピリチュアル・ヒーリングの治療レベル―1

〈②のケース〉

霊的エネルギーが、「霊の心(霊的意識)・霊体・本能・肉体」を活性化するケースです。このケースでは、意識レベルのエネルギーがアップすることで、意識・感情・心理などに変化がもたらされ、これまでにない安らぎ・平静さ・心の広がりを感じるようになります。霊体レベル・肉体レベルにも確実に影響が及び、病気が奇跡的に癒されるようなこともあります。

しかし、この場合の実際の治療領域は、①のケースに比べると部分的にとどまっています。何よりも「霊」という最も重要な部分には変化は生じていません。そのため一時的に奇跡的な治癒が引き起こされたとしても、やがてもとの病状がぶり返すようになります。

このケースでは本人の「魂の窓」が十分に開いていないために、ヒーラーからのエネルギーを「霊」に取り入れることができません。病気を根本から消滅させるためには、まだまだ「霊主肉従」のための自己努力が必要であるということか、あるいは苦しみの体験による「カルマ消滅」のプロセスがさらに必要であるということなのです。

スピリチュアル・ヒーリングの治療レベル―2

※このケースにはいろいろなバリエーションがあり、1人1人で治療領域が異なります。図では3人の患者のケースを取り上げています。

〈③のケース〉

ヒーラーからの霊的エネルギーが「霊体・本能・肉体」を活性化し、エネルギーレベルをアップさせます。この場合も霊体と肉体の異常が部分的に修正されるようになるため、状況によっては肉体の病状が一時的に好転することがあります。患者本人も、奇跡的に病気が治ったかのような錯覚を覚えます。

しかし、このケースでの変化は全身のアンバランスを修正するにはほど遠いレベルであり、いったん治ったように見えた病気も、時間とともにぶり返すことになります。中国の外気功や手かざし療法の多くが、このケースと考えられます。

スピリチュアル・ヒーリングの治療レベル―3

※このケースにもいろいろなバリエーションがあり、1人1人で治療領域が異なります。図では3人の患者のケースを取り上げています。

〈④のケース〉

ヒーラーから与えられた霊的エネルギーが、患者の霊体と肉体の結合部分において物質エネルギーに変換されて「肉体」に流入すると、患者の肉体のエネルギーレベルがアップすることになります。この場合も、状況によっては肉体の異常が一時的に消滅するようなことが生じます。患者も肉体のエネルギーレベルのアップによって体が軽くなり、病気が奇跡的に好転したかのように思いがちです。

しかし、このケースでは霊体のエネルギーは肉体には補給されません。そのためほどなく数時間~数日)もとの状態に戻ることになります。鍼灸しんきゅうや指圧・手技による治療は、大半がこのケースと考えられます。

スピリチュアル・ヒーリングの治療レベル―4

※このケースにもいろいろなバリエーションがあり、1人1人で治療領域が異なります。図では3人の患者のケースを取り上げています。

スピリチュアル・ヒーリングの「治療領域理論」

このように1人のヒーラーから同じ霊的エネルギーが与えられても、患者の受容性と条件によって、エネルギーの影響力(治療結果)はさまざまになります。スピリチュアル・ヒーリングは、他の治療法では考えられない「高次元の霊的エネルギー」を患者に投射し、初めから①のケースを目指していますが、現実には患者サイドの内容がヒーリングの「治療領域・治療レベル」を決定することになります。

このスピリチュアル・ヒーリングにおける治療の大原則を、本書ではスピリチュアル・ヒーリングの「治療領域理論」と呼びます。これはホリスティック医学の「病気は患者自身が治すものであって、医者はその援助者にすぎない」という治療原則を、理論的により明確化したものと言えます。治療の効果はヒーラーの内容以上に、患者サイドの条件によって大きく決定されるということなのです。

この「治療領域理論」はスピリチュアル・ヒーリングだけでなく、すべての治療法にもそのまま適用されます。