(4)心霊手術

外見上、最も驚異的なスピリット・ヒーリンググ

フィリピンやブラジルで行われている「心霊手術」は、その驚異的な治療方法によって世界中から注目を集めるようになりました。錆びたメスや素手だけで患者の体内から患部を取り出すという信じられないような“奇跡的治療”が、実際に多くの人々が見ている前で行われるのです。こうした驚異的な治療はすべて、霊界の医者によって進められます。例えば、ブラジルの心霊手術師として有名だった人物はホセ・アリーゴ1971年、交通事故死)ですが、彼の心霊手術には、1918年に死んだドイツ人医師フリッツの霊が関わっていたことが知られています。

心霊手術は、霊界の医者たちが霊的エネルギーを操作することによって可能となります。心霊手術の詳しいメカニズムは明らかにされていませんが、患者の霊体と肉体を結ぶ結合体(中間体)の異常部分を霊的エネルギーによって取り除く、と言われています。患部はヒーラーによって体外に取り出されることもあり、これはエクトプラズムが物質化したものと考えられています。

こうした見た目に派手なスピリット・ヒーリングは、霊性の低い地域の人々に向けてのデモンストレーションとしての意味合いがあります。心霊手術は、高い霊的意識を持てない人々に強烈な印象を与えて霊的世界に関心を向けさせることを目的として、霊界サイドが演出するものなのです。人々の霊性が向上し、霊的世界に対する理解が進むにつれて心霊手術のような派手なパフォーマンスは不要となり、すでに説明した形の「スピリット・ヒーリング(直接ヒーリング・遠隔ヒーリング)」に移行していきます。