7)本書の構成について

本書は、2部構成になっています。第一部では、スピリチュアリズムによってもたらされた「霊的真理・霊的知識」に基づく健康理論・医学理論をベースにして「スピリット・ヒーリング」について見ていきます。スピリット・ヒーリングの治療エネルギーや治療メカニズム、またその霊的背景について詳しく述べていきます。さらに、スピリット・ヒーリングの治療効果や治癒率の問題についても言及します。

第一部の内容を通して、スピリット・ヒーリングが一般的なスピリチュアル・ヒーリングとは全く次元の異なるものであることを理解していただけるものと思います。なぜスピリット・ヒーリングが最強のスピリチュアル・ヒーリングであり、最高次元の治療法であるのかが明確になるはずです。

第二部では、スピリット・ヒーリングを行う“ヒーラー”について見ていきます。スピリット・ヒーラーとしての素質や資格について、またその能力をどのようにして訓練し伸ばしていくのかについて述べていきます。多くの人がスピリット・ヒーラーになることを希望しますが、“本物のヒーラー”になるためにはどれほど厳しい内容が要求されるものか、いかに純粋な信仰心と奉仕精神が必要とされるものか、よく理解していただけるものと思います。

第二部は、「ヒーラーの霊性のレベルアップ」と「ニセヒーラーの駆逐」を目的としています。