3)シルバーバーチによる「スピリチュアル・ヒーリング理論」の集大成

スピリチュアリズムとスピリット・ヒーリング

スピリット・ヒーリングは、スピリチュアリズムによってもたらされた「霊的真理・霊的知識」を土台とした画期的な医学です。スピリット・ヒーリングは、スピリチュアリズムによって地上世界に登場することになった新しい医学であり、「霊医学」と呼ぶべきものです。

スピリット・ヒーリングの母体である“スピリチュアリズム”は、霊界主導の地球人類救済計画です。その救済計画の一環として、1930年代から開始されるようになったのが「スピリット・ヒーリング」なのです。スピリット・ヒーリングはどこまでも、スピリチュアリズムの「霊的真理普及計画」の一部として展開しています。この意味で古くからの心霊治療とは、その目的と方向性が根本的に違っています。

スピリチュアリズム運動のもとで展開しているスピリット・ヒーリングには常に、多数の霊界の霊たちからの導きと援助があります。スピリット・ヒーリングは、霊界の人々の援助と働きかけのもとで展開している特殊なヒーリングなのです。こうした霊的背景を持ったスピリチュアル・ヒーリング(心霊治療)は他にはなく、それはきわめて特異なヒーリングと言えます。スピリット・ヒーリングは「霊界の人間が主役となって進める」という、これまでの地球上の歴史の中には全く存在しなかった新しい医学なのですこうした内容については、本論の中で詳しく説明します)

スピリチュアリズムが地上で展開を始めたのは、19世紀の半ばです。スピリチュアリズムでは当初、さまざまな「物理的心霊現象」が引き起こされ、その威力を通して地球人類に霊的世界が存在すること、心霊現象が事実であることを証明していきました。そうした心霊現象の次元を高めたものとして、20世紀に入って「スピリット・ヒーリング」が引き起こされるようになりました。そしてスピリット・ヒーリングは、スピリチュアリズムの心霊現象の主流となったのです。

170年に及ぶスピリチュアリズムの歴史の中で、スピリット・ヒーリングは比較的歴史が浅いものですが、「心霊現象の質」という点から見ると、スピリット・ヒーリングは最も次元の高い心霊現象であり、一定の霊性レベルに至った人向けの心霊現象と言えます。

歴代のスピリチュアル・ヒーラーとシルバーバーチ

さて、スピリチュアリズムの中におけるスピリット・ヒーリングは、英国を中心として広く展開し、各界各層の人々の注目を集めることになりました。英国には、ハリー・エドワーズに代表される多くの優れたスピリチュアル・ヒーラーが現れました。

彼らが、スピリット・ヒーリングの理論的・思想的な根拠とし、実際の治療技術の拠りどころとしたのが“シルバーバーチ”という高級霊の教えでした。彼らは交霊会において、シルバーバーチからスピリット・ヒーリングに関するさまざまな知識を伝授され、これに基づいてヒーリング奉仕に人生を捧げてきました。名立たるスピリット・ヒーラーのほとんどが、実はシルバーバーチから指導を受け、それに従ってヒーラーとしての務めを果たしてきたのです。その意味で、歴代のヒーラーたちの多くは“シルバーバーチの弟子”と言うことができます。

『シルバーバーチの霊訓』による「スピリチュアル・ヒーリング理論」の集大成

スピリット・ヒーリングに関する理論と知識・思想のほとんどは、『シルバーバーチの霊訓』の中に示されています。まさにスピリット・ヒーリングは、『シルバーバーチの霊訓』によって集大成されることになったのです。

近年、世界中で“シルバーバーチ”の名前が知られるようになってきました。日本でも、スピリチュアリズム思想の最高峰として『シルバーバーチの霊訓』が多くの人々に愛読されるようになってきました。シルバーバーチによって地球人類に“最高の霊的叡智”が示されましたが、それと同時に“最高の医学知識”も与えられることになったのです。